万博記念公園の施設

  1. トップ
  2. 施設
  3. 平和の鐘

平和の鐘

ニューヨークの国連本部にある「平和の鐘」は、1954年(昭和29年)に当時の財団法人日本国際連合協会理事であった中川千代治氏(元愛媛県宇和島市長)が、世界平和への願いを込めて、日本をはじめ世界60数カ国の人々から集めたコインなどから「世界絶対平和萬歳」と刻印した鐘を鋳造し、国連本部に寄贈されました。

その後、平和の鐘は1970年(昭和45年)の日本万国博覧会(大阪万博)開催時、ニューヨークから16年ぶりに里帰りし、国連館に展示されていました。そして、大阪万博終了後は、国連本部に戻されました。

1970年大阪万博当時、国連館に展示されていた「平和の鐘」

現在万博記念公園にある平和の鐘(太陽の塔背景)

現在万博記念公園にある平和の鐘(エキスポ70パビリオン背景)

現在、万博記念公園にある「平和の鐘」は、大阪万博会期中に国連本部の留守番鐘(レプリカ)として、中川千代治氏が再び世界133カ国の人々から集めたコインなどから鋳造された姉妹鐘で、大阪万博終了後に、万博記念公園へ寄贈されたものです。

なお、2017年(平成29年)に、大阪万博遺産を示すモニュメントとしてご鑑賞いただくため、EXPO’70パビリオン前に移設しました。

【万博記念公園にある平和の鐘の大きさ】
・直径:約52センチメートル
・高さ:約70センチメートル
・重さ:約151キログラム


「平和の鐘」移設作業風景写真(平成29年2月8日(水曜日)撮影)

平和の鐘の移設作業(総合案内所付近から撤去)

平和の鐘の移設作業(総合案内所からトラックで運搬)

平和の鐘の移設作業(EXPO'70パビリオン前に設置)


電車でお越しの方

大阪モノレール「公園東口駅」下車徒歩15分
「万博記念公園駅」下車徒歩18分

車でお越しの方

万博記念公園「日本庭園前駐車場」徒歩15分
「東駐車場」徒歩15分
「中央駐車場」徒歩18分

アクセスマップ


公園の新着イベント

スポーツの新着イベント

  • 公園ライブ映像 太陽の塔をリアルタイムで!
  • みんなで作る!万博記念公園の写真館「周遊PHOTOライブラリ」
  • 車いすをご利用の方・お子様連れの方へ らくらくお散歩マップ
  • 万博記念公園運動施設の使用受付について
  • 専用使用施設の優先受付について
  • 太陽の広場の暫定使用受付について
  • 野外コンサートの優先受付について
  • 万博記念基金についてはこちら
  • Facebook イベント情報配信中!
  • YouTube イベント動画配信中!
  • 年間スケジュール
  • 大阪府
  • 大阪ミュージアム

ページトップへ戻る