万博記念公園で自然に触れよう!

  1. トップ
  2. 目的別に探す
  3. 自然に触れる
  4. 動植物の観察
  5. ススキの下をのぞいてみよう!

ススキの下をのぞいてみよう!

タイトル

ナンバンギセル

花の時期 7月から9月

ナンバンギセル1

 万葉の里のススキの株元をのぞいてみると小さなパイプのような植物が見られます。これはナンバンギセルといって、南蛮渡米の煙管(キセル)にそっくりであることから付けられました。

 ナンバンギセルは植物でありながら葉緑素を持たないため、自分で栄養分を作ることできません。そこでススキの根に寄生し、ススキから栄養分をもらって生きています。ですから、ススキが生えていない所には生えることができません。(ミョウガやサトウキビの根に寄生することはあります。)

万葉集には、「道の辺の尾花が下の思い草今さらなに物か思はむ」という詩が詠まれています。

(「尾花」とは今のススキ、「思い草」とはナンバンギセルのことです。)このことは、当時からナンバンギセルの生態が知られていたことを示しています。あらためて昔の人の観察力のすごさにびっくりさせられます。

ナンバンギセル2

種子の生き残り戦略

 秋には蒴果をつけ、中には十数万個にも及ぶ種子が入っています。

 種子は1個の重さが、0.0007mgでホコリのような軽さです。だから風にとんでいき偶然ススキやミョウガに出会えたものだけが、生き残れるのです。

ナンバンギセルが見られる場所

ナンバンギセル マップ

公園の新着イベント

スポーツの新着イベント

  • 公園ライブ映像 太陽の塔をリアルタイムで!
  • みんなで作る!万博記念公園の写真館「周遊PHOTOライブラリ」
  • 車いすをご利用の方・お子様連れの方へ
  • 万博記念公園運動施設の使用受付について
  • 専用使用施設の優先受付について
  • 太陽の広場の暫定使用受付について
  • 野外コンサートの優先受付について
  • 万博記念基金についてはこちら
  • Facebook イベント情報配信中!
  • YouTube イベント動画配信中!
  • 年間スケジュール
  • 大阪府
  • 大阪ミュージアム

ページトップへ戻る