万博記念公園で自然に触れよう!

  1. トップ
  2. 目的別に探す
  3. 自然に触れる
  4. 動植物の観察
  5. 春の鳥を観察してみよう!

春の鳥を観察してみよう!

旅の途中、万博記念公園にたちよる鳥たち

キビタキ

キビタキ

 オスは頭部から背中が黒く、胸からおなかにかけてが黄色になっています。夏鳥として全国の広葉樹林に渡来しますが、万博記念公園には4月下旬から5月上旬に立ち寄ります。

オオルリ

オオルリ

 オスは頭部から背中にかけてきれいな青色をしています。キビタキ同様、万博記念公園には4月下旬から5月上旬に立ち寄ります。

ムシクイの仲間

ムシクイの仲間

 4月下旬に万博記念公園を通過します。ヤブサメ、メボソムシクイ、センダイムシクイ、エゾムシクイ等が確認されています。茂みにいるためなかなか見られません。

アカハラ

アカハラ

 わき腹がオレンジ色なので、シロハラに対してこう呼ばれています。4月下旬頃万博記念公園に立ち寄ります。

ニュウナイスズメ

ニュウナイスズメ

 山地の林にすむスズメです。普通のスズメとの違いは、頬に黒斑がないことです。ここ数年、日本庭園に入っているようです。

コチドリ

コチドリ

 名前の通り、チドリの中では最も小さい。目のまわりが黄色いのが特徴です。

コサメビタキ

コサメビタキ

 平地から1000mぐらいまでの山地にいますが、万博記念公園には4月下旬から5月中旬に通過します。

エゾビタキ

エゾビタキ

 コサメビタキに似ていますが、胸のあたりに縦斑があります。万博記念公園には4月下旬から5月中旬に通過します。

こんな鳥が来たことも…

ノドアカツグミ

ノドアカツグミ

 2002年には、ノドアカツグミと言う珍しい鳥が迷い込んできました。

万博記念公園で子育てする鳥たち

シジュウカラ

 一年中、万博記念公園内で見られる野鳥です。園内に設置された巣箱を利用して子育てをしています。

カイツブリ

 去年は日本庭園で浮き巣を作り、子育てしている姿が見られました。

 水鳥の池で子育てしていた年もありました。

カルガモ

 去年は、ビオトープの池で子育てをしていました。

その他、このような鳥が繁殖しているようです。

公園の新着イベント

スポーツの新着イベント

  • 公園ライブ映像 太陽の塔をリアルタイムで!
  • 太陽の塔オフィシャルサイト
  • みんなで作る!万博記念公園の写真館「周遊PHOTOライブラリ」
  • 2025万博 大阪・関西へ
  • 車いすをご利用の方・お子様連れの方へ
  • 万博記念公園運動施設の使用受付について
  • 専用使用施設の優先受付について
  • 太陽の広場の暫定使用受付について
  • 野外コンサートの優先受付について
  • 万博記念基金についてはこちら
  • Facebook イベント情報配信中!
  • YouTube イベント動画配信中!
  • 年間スケジュール
  • 大阪府
  • 大阪ミュージアム

ページトップへ戻る