万博記念公園で自然に触れよう!

  1. トップ
  2. 目的別に探す
  3. 自然に触れる
  4. 自然の森再生への取り組み

自然の森再生への取り組み

自立した森づくり

森づくり計画

1970年に開催された日本万国博覧会の跡地は、博覧会を記念する「緑に包まれた文化公園」として整備されることとなりました。

博覧会終了後、林立していたパビリオンは取り壊され、更地になった土地から公園づくりは始まりました。
計画は、自然文化園地区を外縁から中心部に向かって、「密生林」「疎生林」「散開林」に区分し、この地域本来の自然植生を再現し、「自立した森」に導こうというものでした。「自立した森」とは、多様な動植物と共存し安定している森のことです。
なかでも「密生林」は、この地域の森林を再生するためシイ・カシ類を中心とした常緑広葉樹の植栽が行われました。

※「密生林」とは、自然林の再現を目指したもので、四季を通じて薄暗く閉鎖的な空間をつくると共に、外周道路からの騒音、排気ガスなどを遮る機能を持たした林。「疎生林」とは、自然文化園に点在する見所空間において、四季の景観変化を演出した林。「散開林」とは、広大な芝生を主体として、修景と緑陰を演出した林。

 

森の現状

当初の計画どおり緑の量としての森は実現できたものの、多くの種類の常緑樹等を植えたにも関わらず一部の樹木以外の生長は緩慢となり、高木層のみの単層林となっています。このため、中木・低木・草本層が消滅している状態にあるなど、森としての質においては問題を抱えています。

生物多様性を目指した森づくり

このため人工的に造られた自然文化園の森を、今後どの程度、どのような形で人の手を加えれば、本来の「自立した森」を実現できるのかを検討していく必要があります。

そこで、京都大学や大阪府立大学と共に、生物多様性に富んだ森づくりを目指した研究を行っているところです。
都市部における人工地盤のうえに、自立した森を再生させる取り組みは、国内外において過去に例がなく、樹木の生長とともに長い時間をかけて慎重に進めていく必要があります。

万博記念公園 生物多様性の10年 行動計画を発表しました。

自然の森再生により生物多様性となる森づくりの調査等結果

平成25年度

平成24年度

平成23年度

平成22年度

平成21年度

平成20年度

平成19年度

平成18年度

平成17年度

平成16年度

2020年の万博記念公園の森のイメージパース

2020年の万博記念公園の森のイメージパース

生物生息調査への取り組み

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度

平成22年度

平成21年度

平成20年度

平成19年度

平成18年度

平成17年度

平成16年度

平成15年度

森発見(しんはっけん)

万博記念公園では、日本万国博覧会(1970年万博)跡地を「自立した森」として再生させるため、さまざまな取り組みを行っており、研究機関や民間団体等との連携により長期的な計画性をもった活動を進めています。
万博記念公園における自立した森再生に向けた活動をより多くの皆様にお知らせし、「自立した森」への理解を深めて頂きたく、季刊誌『森発見(しんはっけん)』を平成18年から平成27年にかけて通算37号を発行してきました。森に関する多様な話題を通して、「自立した森」に親しみ、関心を持って頂きたく、ここでは、その一部を紹介いたします。
※各号をクリックすると、一部、内容がご覧いただけます。

森発見

平成26年

平成25年

平成24年

平成23年

平成22年

平成21年

平成20年

平成19年

平成18年

配布場所

すべての号について、無償で以下の場所で配布しています。

  • 総合案内所
  • 花とみどりの休憩所(日本庭園前ゲート内)
  • 自然観察学習館(自然文化園内)
  • EXPO’70パビリオン内売店(自然文化園内)

公園の新着イベント

スポーツの新着イベント

  • 公園ライブ映像 太陽の塔をリアルタイムで!
  • 車いすをご利用の方・お子様連れの方へ らくらくお散歩マップ
  • 万博記念公園運動施設の使用受付について
  • 専用使用施設の優先受付について
  • 太陽の広場の暫定使用受付について
  • 野外コンサートの優先受付について
  • 万博記念基金についてはこちら
  • Facebook イベント情報配信中!
  • YouTube イベント動画配信中!
  • 年間スケジュール
  • 大阪府
  • 大阪ミュージアム

ページトップへ戻る