万博記念公園の施設

  1. トップ
  2. 施設
  3. 文化施設
  4. 国立民族学博物館

国立民族学博物館

施設のご案内

国立民族学博物館(みんぱく)は、民族学・文化人類学に関する調査・研究をおこなうとともに、その成果に基づいて、民族資料の収集・公開などの活動をおこない、これらを通して、世界の諸民族の社会と文化に関する情報を人々に提供し、諸民族についての認識と理解を深めることを目的として、1974年(昭和49年)に創設され、1977年(昭和52年)11月に開館しました。

本館展示は、オセアニア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、西アジア、南アジア、東南アジア、中央・北アジア、東アジアに大きく分けた地域展示と、音楽・言語などの展示があり、ビデオテークでは、世界の人びとの生活や技術などを記録したビデオ番組を見ることができます。また、年に数回、特定のテーマにそった特別展や企画展をおこなっています。

国立民族学博物館(運営団体)のホームページはこちら

オセアニアから始まり、東周りで地球を一周することができます。旅行気分でじっくりどうぞ。
実際にさわることのできる資料がたくさんあり、さまざまな民族の息吹が伝わってきそうです。

館内展示

探究ひろば

「リサーチデスク」「研究の現場から」「世界をさわる」の3つのコーナーをとおして、みんぱくの研究や展示をより詳しく知ることができます。

展示品一部紹介

ビデオテーク

世界の諸民族の暮らしや文化を記録したビデオ番組等を、約600のプログラムの中から自由に選んでいただけます。

ビデオテーク

みんぱく電子ガイド

展示物をみながら、映像と音声による解説が視聴できる、携帯型の展示解説装置を無料で貸し出しています。

みんぱく電子ガイド

図書室(本館3階)

文化人類学・民族学関係の文献図書資料を所蔵しています。どなたでもご覧いただけますので、ご来室ください。

 

図書室休室日
日曜日、祝日、及びみんぱく休館日

【みんぱく休館日】
毎週水曜日(水曜日が国民の祝日の場合は翌日の木曜日)
年末年始

図書室

ミュージアム・ショップ

世界各国の工芸品や文化人類学・民族学に関する書籍などを購入することができます。

お問い合わせ先
電話:06-6876-3112
ファックス:06-6876-0875

ミュージアム・ショップ陳列

レストランみんぱく

エスニックランチなど各国の民族料理をお楽しみいただけます。
営業時間
11時から16時30分まで(ラストオーダー16時)

お問い合わせ先
電話:06-6876-1293

レストランみんぱくの詳細はこちら

レストランみんぱく店内

アクセス

電車でお越しの方
大阪モノレール「万博記念公園駅」・「公園東口駅」下車徒歩15分

車でお越しの方
万博記念公園「日本庭園前駐車場」徒歩5分、「東駐車場」徒歩15分、「中央駐車場」徒歩20分

アクセスマップ

施設紹介

施設規模

敷地面積 40,821平方メートル
建築面積 17,089平方メートル
述床面積 51,235平方メートル
構造 鉄骨鉄筋コンクリート造4階建
(一部地下1階、塔屋3階)

利用料金

常設展観覧料

<2019年6月4日(火曜日)まで>

個人

一般 420円
大学・高校 250円
中学生以下 無料

団体

一般 350円
大学・高校 200円
中学生以下 無料

 

<2019年6月6日(木曜日)から>

個人

一般 580円
大学生 250円
高校生以下 無料

団体

一般 490円

大学生

200円
高校生以下

無料

 

※ 団体は20人以上から団体料金でご利用いただけます。

※ 特別展の観覧料金は別途定めた通りとなります。

※平成29年4月1日(土曜日)より、小・中学生の観覧料が無料となりました。小・中学生のお客様が直接国立民族学博物館へ行かれる場合、自然文化園窓口にてお申し出ください。

障がい者手帳をお持ちの方へ
障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに無料で観覧できます。

割引対象の方
以下の方々は、下表の割引料金で観覧いただけます。証明書等をご持参ください。証明書等をお持ちでない場合は割引の対象にはなりません。

  • 大学等の授業での利用/
    シラバス等、授業内容の明記されたもののコピーを提出してください。
  • リピーター/
    3ヶ月以内の前回の観覧券を提出してください。
  • 満65歳以上の方/
    年齢を証明できるものをお見せください。
  • 学校の授業に関することを調べる目的で入館される高校生の個人またはグループの方/
    本館窓口で「高校生入館料割引申請書」に記入のうえ申請してください。

割引観覧料

一般 350円
大学・高校 200円

※自然文化園各ゲートで国立民族博物館の通常の観覧券をお買い求めの場合は、国立民族博物館窓口で差額を返金いたしますのでお申し出ください(証明書等を必ず確認させていただきますのでご了承ください)。払い戻しは当日限りです。

 自然文化園の通行について

自然文化園窓口で、国立民族学博物館の観覧券をお買い求めになれば、同園内(有料区域)を無料で通行できます。「公園東口」からは自然文化園(無料区域)をお通りください。入園券は終日大切に所持してください。自然文化園を再入園(通行)時に必要です。自然文化園通行時には国立民族学博物館観覧券の提示を求める場合がありますので、お帰りの時まで大切に所持してください。

なお、自然文化園・日本庭園内で散策やご休憩をされる場合は、入園料が必要です。

利用期間

1月5日から12月27日まで

利用時間

10時から17時まで (入園は16時30分まで)

定休日

毎週水曜日(水曜日が国民の祝日の場合は翌日の木曜日)
年末年始

問い合わせ先

国立民族学博物館
電話:06-6876-2151

公園の新着イベント

スポーツの新着イベント

  • 公園ライブ映像 太陽の塔をリアルタイムで!
  • 太陽の塔オフィシャルサイト
  • 2025万博 大阪・関西へ
  • 「太陽の塔内部再生」事業
  • 太陽の塔内部公開記念イベント DREAMS COME TRUE Special Live|2018年3月18日(日曜日)万博記念公園太陽の広場|写真掲載中!
  • 車いすをご利用の方・お子様連れの方へ
  • 万博記念公園運動施設の使用受付について
  • 専用使用施設の優先受付について
  • 太陽の広場の暫定使用受付について
  • 野外コンサートの優先受付について
  • 日本万国博覧会記念公園基金への寄附金の募集について
  • 日本万国博覧会記念基金|公益財団法人関西・大阪21世紀協会
  • 平成29年度 万博記念公園における来場者アンケート調査結果
  • Facebook イベント情報配信中!
  • YouTube イベント動画配信中!
  • 年間スケジュール
  • 大阪府
  • 大阪ミュージアム

ページトップへ戻る