万博記念公園

  1. トップ
  2. 目的別に探す
  3. 大阪万博
  4. シンガポール館

シンガポール館

テーマは「庭園都市」

建築

敷地全体が、テーマの「庭園都市」を象徴した“シンガポール庭園”とは、大小3棟の建物が配置されたが、3,000平方メートルの敷地全体が“緑の島”シンガポールを再現した南国ふうの庭園になっており、熱帯の動植物を主体に構成されていました。
3棟の建物は、敷地の東北部に建てられた主展示館と、その南と西北にあった副展示館2棟で、三つの展示館はみな小規模な木造平屋建てで、屋根はシンガポール産のヤシの葉でふいたアタップ・ルーフィングと呼ばれるもので、外装はベニヤ・パネル、床、壁、天井は木材でできていました。
建物の特徴は、屋根がアタップ・ルーフィングであったことと、両副展示館の屋根の大むねが、両端ではねあがった新月形になっている南洋の住居独特の形を模して造られていたことでした。南寄りの建物は水族館、北寄りの建物は映画館で、西南すみに、庭園全体をパノラマ風に見渡せる展望台が設けられていました。

展示

フェニックス、ヤシ、ブーゲンビリア、ランなどの花が美しく配され、花の香りの中で、各民族の習慣などを紹介したろうけつ染めの壁面を見ることができました。国民生活を描いたカラー映画も上映されました。
庭園を見渡せる展望台近くからは、岩の間から流れ落ちる高さ4m50cm の滝がしぶきを上げ、滝の水は敷地内の池に小川となって注いでいました。水族館には熱帯魚やサンゴ、また庭のワニなどのほか、飛び交う鳥のにぎやかなさえずりが観客の心をなごませました。
生き物や熱帯植物の管理には、シンガポール国立水族館や大阪市立天王寺動物園、大阪大学植物学教室の国際協力が行われました。熱帯植物は当初シンガポールから輸入する計画でしたが、検疫などの問題から、鹿児島県指宿地方や八丈島から移植されました。ただし、主展示館を飾っていたランの切り花だけは隔週ごとに本国から空輸し、人々の目を楽しませていました。
なお、現在シンガポール館のあった跡地は、コスモスの咲き誇る花の丘の一部となっています。

公園の新着イベント

スポーツの新着イベント

  • 公園ライブ映像 太陽の塔をリアルタイムで!
  • 車いすをご利用の方・お子様連れの方へ らくらくお散歩マップ
  • 万博記念公園運動施設の使用受付について
  • 専用使用施設の優先受付について
  • 太陽の広場の暫定使用受付について
  • 野外コンサートの優先受付について
  • 万博記念基金についてはこちら
  • Facebook イベント情報配信中!
  • YouTube イベント動画配信中!
  • 年間スケジュール
  • 大阪府
  • 大阪ミュージアム

ページトップへ戻る