万博記念公園はイベントがいっぱい!

  1. トップ
  2. イベント一覧
  3. (祝)2025 大阪・関西万博開催決定!EXPO’ 70 パビリオン特別展「万博を追い求めた日本~万博黎明期から現在まで~」

(祝)2025 大阪・関西万博開催決定!EXPO’ 70 パビリオン特別展「万博を追い求めた日本~万博黎明期から現在まで~」

EXPO1970①

開催概要

19世紀半ばに国際博覧会(万博)というものの存在を知って以降日本は、視察や出品といった形で万博に関わり、そしていずれ日本でも開催をするという夢を抱いてきました。

日本が初めて万博と関わったのは、1862年の第2回ロンドン万国博覧会です。当時の駐日英国公使ラザフォード・オールコックによる日本の美術工芸品などが出品されたほか、文久遣欧使節団が開会式に招かれました。その後、第2回パリ万国博覧会(1867年)には幕府、薩摩藩、佐賀藩がそれぞれ正式に出品したほか、商人の清水卯三郎が出店した茶店が注目を集め、当時の皇帝ナポレオン3世からメダルを授与されました。明治に入ってからは、ウィーン万国博覧会(1873年)に明治政府が初めて参加し、日本の伝統品を紹介するとともに、ヨーロッパ先進諸国の工業技術を学びました。

このように、渡航手段が現在のように便利でなかった時代から、日本は万博に積極的に参加し、また世界の国々も参加・開催をしてきました。その時代の文化や技術を集めた万博は、時代の象徴と言えます。今回の特別展では、万博をはじめとする博覧会の歴史と日本の万博開催への道のりをたどることで、これまでの万博をふりかえります。

日程

2019年1月25日(金曜日)から2月25日(月曜日)※水曜定休

時間

10時から17時(入館は16時30分まで)

会場

EXPO’ 70 パビリオン1階 ホワイエ

観覧料

一般400円、中学生以下無料

※常設展入場券(200円)を同時にお買い求めいただいた方は100円引き

※別途自然文化園入園料(大人250円・小中学生70円)が必要

主催:万博記念公園マネジメント・パートナーズ
特別協力:吹田市立博物館
展示企画アドバイザー:五月女賢司氏(吹田市立博物館)


関連イベント

※イベント参加無料(別途、自然文化園入園料・常設展入場料・本展観覧料が必要)
※事前申込みは不要
※各回定員40名(当日先着順)

<会期中の金・土・日・月曜日(11時から16時)限定>
白井達郎氏によるEXPO’70 当時のグッズ販売!

【講演会】万国博覧会の20世紀

日程 2019年1月26日(土曜日)
時間 13時30分から15時
会場 EXPO’ 70 パビリオン1階 多目的室
出演 井上章一氏(国際日本文化研究センター 教授)

【講演会】太陽の塔地下展示のための世界民族資料調査収集

日程 2019年2月3日(日曜日)
時間 13時30分から15時
会場 EXPO’ 70 パビリオン1階 多目的室
出演 片寄俊秀氏(元・日本万国博覧会世界民族資料調査収集団(EEM) 団員、まちづくりプランナー)

【展示解説】万博マニア リレー展示解説

日程 2019年2月10日(日曜日)
時間 13時30分から15時30分
会場 EXPO’ 70 パビリオン1階 エントランス
出演 井上謙二氏、白井達郎氏、二神敦氏、藤井秀雄氏

【上映会&座談会】「子ゾウ(ひろば)はどこへ行った?」

日程 2019年2月16日(土曜日)
時間 13時30分から15時30分
会場 EXPO’ 70 パビリオン1階 多目的室
出演 黒田勇氏(関西大学 社会学部 教授)
西井紘輝氏(関西大学 社会学部 2018 年卒業)
奥居武氏(千里パブリックデザイン)
概要 1970年万博に、タイから約20頭のゾウがやってきた!うち1頭が滞在中に出産。子ゾウはお祭り広場にちなんで「ひろば」と名づけられた。「ひろば」は今も生きているのだろうか…?半世紀のときとはるかな距離を超え、眠っていた物語がまた始まった…

【上映会】「パリ万国博日本館の建築精神」&映像解説

日程 2019年2月17日(日曜日)
時間 13時30分から15時30分
会場 EXPO’ 70 パビリオン1階 多目的室
出演 山名善之氏(東京理科大学 理工学部 教授)
萬代恭博氏(坂倉建築研究所)
曽根巨充氏(前田建設工業㈱)
概要 1937年のパリ万国博で若き建築家・坂倉準三が設計した日本館がグランプリを受賞しました。なぜパリで日本館が評価をされたのか。残された少ない資料を元にCGで空間を再現した動画の上映と専門家による解説を行います。

【講演会】梅棹、小松、加藤らによる「万国博を考える会」とその周辺

日程 2019年2月24日(日曜日)
時間 13時30分から15時
会場 EXPO’ 70 パビリオン1階 多目的室
出演 五月女賢司氏(吹田市立博物館 学芸員)

【特別企画】太陽の塔時間外特別見学を含む園内特別ツアー

※各回先着 30名(事前申込み・振込みが必要)

※お申込みが予定数を超えたため、申込み受付を終了いたしました。

太陽の塔内部

①「太陽の塔 一番乗り」とたどる万博の歴史ツアー

「太陽の塔内部公開」に一番乗りした自称「博覧会マニア」の二神敦氏と巡ります。

※お申込みが予定数を超えたため、申込み受付を終了いたしました。

日程 2019年2月16日(土曜日)
時間 16時から18時
集合・出発

総合案内所(万博記念公園駅前広場)、中央口ゲートにて解散予定

行程 総合案内所 → EXPO’70 パビリオン → 太陽の塔特別内部見学

②万博ミュージアム館長白井達郎氏と巡る万博記念公園のレガシー

万博当時の写真と比べながら今も残るレガシー(遺産)を巡ります。

※お申込みが予定数を超えたため、申込み受付を終了いたしました。

日程 2019年2月24日(日曜日)
時間 15時30分から18時
集合・出発

総合案内所(万博記念公園駅前広場)、中央口ゲートにて解散予定

行程 総合案内所 → EXPO’70 パビリオン → 太陽の塔特別内部見学

<お申込み方法>

※お申込みが予定数を超えたため、申込み受付を終了いたしました。

■電子メールにてお申込みください。
お申込み専用メールアドレス : honbu10@expo70-park.jp

■お申込みメールへの記載事項 
ご希望のツアー番号(①または② )/氏名(参加者全員)/連絡先電話番号(当日も連絡可能な携帯番号など・参加者全員)
※太陽の塔入館に伴う規定に基づき、乳幼児様も人数カウントの対象となります(但し小学生未満の乳幼児は無料)。

<注意事項>

■①②ともに先着30 名とさせていただきます(①②計60名)。
■費用は振込みによる前払い制となります。 
■メールでお申込みをいただきました方には先着順に振込先口座と振込期限をお知らせいたします。 
■申込み人数が各回定員を上回った場合には、受付を締切らせていただくことがあります。 
■期限までに参加費用大人1,220円をお振込みお願いいたします。 
■入金の確認が取れました方から順に申込みを確定とさせていただきます。 
■記載の参加料金は大人(高校生以上)料金です。小中学生の場合310 円、小学生未満の乳幼児はすべて無料。 
■振込手数料はご入金者様ご負担にてお願いいたします。 
■キャンセルされる場合は開催3日前までにお申出ください。なお、参加費用の還付はございませんのでご了承ください。

※本件においてお預かりした個人情報につきましては適正に管理し、本ツアーに関するご連絡ご対応にのみ使用いたします。


特別展のチラシはこちらから


便利な各種パンフレット

会場案内地図や、季節ごとの開花情報など、沢山のパンフレットがございます。

各種パンフレットダウンロードはこちら


アクセス

電車でお越しの方

アクセスの詳細はこちら

車でお越しの方

駐車場へのアクセスはこちら

公園の新着イベント

スポーツの新着イベント

  • 公園ライブ映像 太陽の塔をリアルタイムで!
  • 太陽の塔オフィシャルサイト
  • 2025万博 大阪・関西へ
  • 「太陽の塔内部再生」事業
  • 太陽の塔内部公開記念イベント DREAMS COME TRUE Special Live|2018年3月18日(日曜日)万博記念公園太陽の広場|写真掲載中!
  • 車いすをご利用の方・お子様連れの方へ
  • 万博記念公園運動施設の使用受付について
  • 専用使用施設の優先受付について
  • 太陽の広場の暫定使用受付について
  • 野外コンサートの優先受付について
  • 日本万国博覧会記念公園基金への寄附金の募集について
  • 日本万国博覧会記念基金|公益財団法人関西・大阪21世紀協会
  • 平成29年度 万博記念公園における来場者アンケート調査結果
  • Facebook イベント情報配信中!
  • YouTube イベント動画配信中!
  • 年間スケジュール
  • 大阪府
  • 大阪ミュージアム

ページトップへ戻る