カナダ館

テーマは「発見」

昭和42年6月7日、日本万国博覧会に最も早く正式の参加表明をした国、日本万国博覧会の前回の博覧会(モントリオール’67)の開催国、それがカナダです。

カナダはパビリオンの建設工事着工も早く、しかも外壁を一面の鏡で覆うというデザインで工事中から注目を集めた展示館の一つでした。

カナダ館 外観

建物

展示館の面積は約9650平方メートル。ピラミッドの頂部と四隅を切り落としたような特徴的な外観を持った建物です。45度の傾斜を持った屋根がそのまま外壁となり、中庭を囲んで半地下と一部中2階構造の四つの建物が建っていました。

外壁は一辺50センチメートルの鏡約4万枚がタイルのように張りめぐらされ、その外観から「鏡の殿堂」と名付けられました。この外壁は周囲の風景を映す効果があったのですが、同時に太陽光線も反射してしまい、夏場に向け気温が上昇するにつれて周辺の展示館から暑くなることから、急遽、反射止めを施して「調和」を図るという一幕もありました。

中庭は野外ステージや休憩所、通路などがプールとテラスで区切られていて、中央には大きな7色のスピナー(回転パラソル)5基がゆっくりと回転していました。これは若い国カナダと国民のバイタリティーを表現していました。また柱や壁などに鏡が使用され、そこに映る空間の広がりの効果とともに、北極の氷、山と草原、空と水の輝きなど美しいカナダの風物と広大な国土を象徴していました。

スピナーは一番高いもので19メートル70センチの鏡張りの柱の先端に、直径11メートル80センチのかさを取り付けた形で、下面を7色に彩色したかさが1分間に1回転する仕掛けでした。

プールには、約100年前(当時から)に日本からカナダに贈った金魚の子孫400匹を空輸して放魚しました。

建築材料には、カナダ産の木材が主材として使用されていました。

カナダ館 中庭

展示

展示は6つのコーナーに分かれ、コンピュータを使用した視聴覚展示などで、様々な角度からカナダの国土、自然などを紹介し、これを通じてカナダを観客に「発見」してもらい、展示テーマである「発見」の精神を強調しようというコンセプトでした。

各コーナーの具体的な展示内容は次のようなものでした。

第1展示コーナーは展示館の入口にあたり、テーマの導入部でした。長さ9メートル、高さ3メートルの大きな透明のパネルに描かれた「カナダの木」カエデの森が、両サイドの鏡に無数に反映し、広大なカナダに一歩踏み込んだ感じを与えました。
また、コンピューターなどの最新の技術を使い、動きや音、光を織り込んだ立体的展示で、カナダの歴史、人種の多様性、祭りや貿易などが紹介されていました。

第2展示コーナーは底辺14メートル40センチ、高さ7メートル20センチの三角形をした珍しいスクリーンを備えた劇場で、「大地の挑戦」と名付けられました。カナダの国土と厳しい大自然を紹介する70ミリカラー映画が上映されました。

第3展示コーナーは実物展示と音響、光によって、カナダの姿をサイケデリックに描き出していました。風土の移り変わりや大平原、雪上車などが紹介され、まるでカナダにいるような錯覚を与えました。

第4展示コーナーは大都市、郊外、農村を問わず、すべての国民が快適な「都市的生活」を送っていることが、電光板スクリーンのアニメーション、音響効果によって紹介されました。このスクリーンは電光板の素早い図柄の変化によって、カナダ人の性格とその開拓精神を表現するユニークな展示でありました。

第5展示コーナーは前コーナーの「都市的生活」に対し、「社会環境」と題され、ポップアートや立体壁画に囲まれた階段式劇場で、サイケデリックなスーパーバス「発見号」が、カナダ横断ロケでとらえたさまざまなカナダ人と珍しい風物の姿などが、あざやかなカラーフィルムで紹介されました。

第6展示コーナーは「伝統と発見」と名付けられ、カナダの「昔」と「いま」が伝統と発見を示す数々の展示品や民芸品が紹介されました。

カナダ館 展示 1

カナダ館 展示 2

催し物

中庭の野外ステージでは連日カナダから来た若い人たちの歌や踊りが上演されました。
特に長期公演で観客とおなじみになったのは、男9人、女5人のグループ「レ・フフオレ」と、男2人、女4人の「アイススケート・ショー」でした。

また、5月5日から9月まで、日本のアマチュアフォークグループが出演、5月21日には空手の演舞があり、9月4日にはパトリック・リード・カナダ政府代表の媒酌でステージ結婚式が行われました。

公園の新着イベント

スポーツの新着イベント

  • 公園ライブ映像 太陽の塔をリアルタイムで!
  • 車いすをご利用の方・お子様連れの方へ らくらくお散歩マップ
  • 万博記念公園運動施設の使用受付について
  • 専用使用施設の優先受付について
  • 太陽の広場の暫定使用受付について
  • 野外コンサートの優先受付について
  • 万博記念基金についてはこちら
  • Facebook イベント情報配信中!
  • YouTube イベント動画配信中!
  • 年間スケジュール
  • 大阪府
  • 大阪ミュージアム

ページトップへ戻る